歯は大事、歯を大切に
 
歯と歯のケア関して思いつくまま、気ままにひとりごと
 


新しい順に表示

エノキタケ~ファーストトマト~つぶやく

「エノキタケ」・・・・・

昔から食用のキノコとして知られます。

ダイエットで注目されているようで、内臓脂肪率低下に関する研究が行われています。

エノキタケといえば、もやし状に栽培されたエノキタケがおなじみだと思います。

でも山でみるエノキタケとはかなり見た目が違っているのでした。





「ファーストトマト」・・・・・

果肉がしっかりした、大玉でお知りにとんがりがある特徴のあるトマトです。

日持ちが悪いため、早熟なうちに収穫する方法がとられ、味が犠牲にされた経緯があります。

そのためか日持ちのいい桃太郎が登場するとあっという間にとってかわられた感じでした。

近頃は味が見直され完熟したものが一部で流通しているみたい。






「大納言」・・・

アズキの大粒種のことです。

美方大納言小豆をはじめ、丹波、馬路、備中、あかね、ほくと、とよみ、ほまれ、などがあります。

5.8ミリメートルの篩にかかるものを大納言と呼ぶそうです。

もともとは太政官に置かれた官職の名前をもらってのものであり、立派な感じがしますね。






「毛馬胡瓜」・・・・

大阪府の特産種です。

読み方は「けまきゅうり」です。

スリムで長い形が特徴的ですごく目につきます。

色合いは元は緑で、先は白のグラデーションとなっています。

以前は「浪華漬」と呼ばれる粕漬けの原料としても栽培されていたそうです。

「なにわの伝統野菜」のひとつです。





「香りとヨガ」・・・

ヨガ単独ではなく、アロマなどの香りも利用するのもよさそうです。

アロマの中には痩せる香りというのもあるんだとか。

香りだけで痩せられたら苦労はしないですが、少しでもそれを助ける方向に働くのだとすれば、試してみるのもよさそうですね。

痩せる香りは自律神経に働きかけるのだそうです。




6月19日(月) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

エゾウコギ~トマト~つぶやく

「エゾウコギ」・・・・

朝鮮人参などと同種のウコギ科の植物です。

薬用植物としても知られています。

エゾという名前からイメージができりょうに、北海道に自生するそうです。

またサハリン、千島、朝鮮半島、中国北部、シベリアにも分布するようです。

漢方では刺五加として2000年以上前から使われているそうです。





「トマト」・・・

トマトを食べる時、昔は砂糖が普通だったように思います。

その後マヨネーズが定番にとってかわり、近頃はいろんな食べ方が増えたような気がします。

ピザやスープなどの具材として火を通すことも珍しくなくなりました。

高糖度のフルーツトマトと呼ばれるトマトも気になるところです。






「アズキ」・・・

原産地は東アジアです。

日本でも古くから親しまれ、縄文遺跡から発掘されたそうです。

古事記や万葉集でも記述があるんだとか。

生産量では北海道が圧倒的のようです。

和菓子や中華菓子ではおなじみの素材です。

調理方法により、餡になったり、羊羹になったりします。




「聖護院胡瓜」・・・・

江戸時代から伝わる、京の伝統野菜の一つですが、絶滅したともいわれています。

黒イボ種ですが、実は濃緑色で、その断面は丸というよりは三角っぽい特徴があったんだとか。

聖護院といえば、京野菜の大根やかぶも有名です。

また和菓子の聖護院八ツ橋でも知られるのでした。




「体と内面とヨガ」・・・・

ヨガは単なる体操とは違います。

天地のエネルギーを体で感じようとする、スピリチュアルな側面も持ちます。

怒りや憤り、焦り、悲しみ、悩み、様々な心の病から、解放され、精神を安定させ、心を健康に保つ目的もあります。

ダイエットだけじゃなく、精神面にもいいみたいですし、さらに腰痛、肩こりなどの症状の改善にも欲張れるのかも。




6月13日(火) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

セイヨウオトギリ~ペピーノ~つぶやく

「セイヨウオトギリ」・・・

セント・ジョーンズ・ワートという名前もある多年草です。

黄色い花を咲かせる根茎性の植物です。

ハーブティーとして知られ、日本では食品としての扱いのようです。

でもヨーロッパでは、伝統的医薬品として流通しているんだとか。

古代ギリシアやネイティブアメリカンも医療的利用をしていたみたいです。






「ペピーノ」・・・

時には珍しい野菜を食べてみるのも面白いと思います。

たとえばペピーノというナス科の実があります。

原産地はエクアドルだそうで、日本ではあまり目にする機会も少ないと思います。

生で食べることができ、メロンのような風味が楽しめるそうです。

寒さや暑さに強くないそうなので、日本での栽培では注意が必要なようです。





「ジャイアントコーン」・・・・

トウモロコシの一種で粒が大きいという特徴があります。

粒の大きさは2cmくらいあるが、房自体の大きさはふつうのトウモロコシと変わらないです。

つまり粒がジャイアントということですね。

甘みはあまりなく、ややボソボソした食感なんだとか。

日本では油で揚げ、塩をまぶしたものをおつまみとして食べるようです。






「加賀太胡瓜」・・・

極端に太くて、その割に短いキュウリです。

その姿についつい目が止まることでしょう。

1本でも十分な量があるキュウリです。

普通は皮をむいて種の部分も取って食べるようなので、普通のキュウリとはちょっと違いますね。

ちなみに加賀伝統野菜の一つなんだそうです。






「ハタヨガ」・・・

初心者にもわかりやすく世界各国に受け入れられているヨガだそうです。

日本でも多くがこのハタヨガなんだそうです。

ちなみに、ハは太陽と吸う息、それに凝縮の3つの言葉を意味するそうです。

そして、タは月と吐く息、そして拡大と言う意味なんだとか。

名前から意味が込められているんですね。




6月8日(木) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

エキナセア~佐土原なす~つぶやく

「エキナセア」・・・・・

北アメリカ原産の多年草です。

ムラサキバレンギクともいわれます。

欧米ではハーブティとして飲まれるようです。

風邪などにいいという話もあるようです。

ちなみに北アメリカの先住民である平原インディアンは薬草として利用していたそうです。

でも薬効については肯定と否定の両方の情報があるみたい。






「佐土原なす」・・・・

宮城県では伝統野菜として知られる、江戸時代から作られていたナスです。

名前の通り佐土原がルーツです。

赤紫色で大型なので、家庭ではそのまま焼くのは大変かも。

でもアクがすくなく、焼きナスがおいしいそうです。

実は熊本の「赤なす」のルーツにもなっているようです。






「ポッドコーン」・・・・・

さやトウモロコシとも呼ばれ、粒が一個ずつ小さい穎(えい)に包まれていることが特徴です。

そういう構造からも、害虫に強いようです。

頼もしいですね。

でも食べるときってどんな感じになるのかな。

観賞用として栽培されるんだとか。

あまりお目にかかることはないですね。





「落合節成胡瓜」・・・・

青節成胡瓜と地域の在来種針ヶ谷胡瓜の交配から生まれたキュウリです。

大正時代に与野町下落合で作られました。

埼玉県の伝統野菜に挙げられています。

現在はほとんと栽培されていないそうですが、強健で低温に強い特徴は評価されていたようです。

現在の品種の中で、このきゅうりの血統の流れをくむものも少なくないみたい。




「クンダリーニヨガ」・・・・・

世界的には知名度が高いようですが、日本ではあまり知られていないです。

脊柱の一番下、「クンダリーニ」を軸にして、体の中を流れるチャクラを開拓するというヨガです。

チャクラのエネルギーを感じることを目的としたヨガです。

精神に重きを置いているようです。



知っているといつか得かもしれない情報と話題。急な停電に慌てないための備えがあります。乾電池も大事だけど、もう少し大きな予備電源が簡単に使えるのなら便利です。自家発電の他にも手はあります。成田市の停電前の準備。いろいろ技術も進歩しており、それに伴って発想も変わってきています。ケータイなど電気がない心細さは昔以上です。



6月1日(木) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

ウコン~熊本赤なす~つぶやく

「ウコン」・・・・・

日本ではカレー粉に使われたりもするみたいです。

英語名はターメリックで、こっちでピンとくる人もいるかも。

でもどちらかというと二日酔い対策としてよく耳にする単語ですね。

植物的にはショウガ科ウコン属なんだとか。

確かにショウガっぽい感じもするのでした。





「熊本赤なす」・・

大正時代から生産されていたそうです。

もともとは農家によってもバラつきのあったナスでした。

しかし選りすぐりを「ヒゴムラサキ」という品種として開発して、ブランド化の流れもあるようです。

アクが少なく、塩もみする程度でスライスしたものを食べてもおいしいそうです。






「軟粒種」・・・・・

実がくだけやすく断面が粉状になるのが特徴とのことです。

ソフトコーンは、粉にひきやすい種類といわれています。

原産は南米の高原地帯なんだとか。

フラワーコーンについては、南アメリカのインカ帝国で栽培されていた最も古い栽培種のひとつという話も。

歴史がありますね。





「高井戸節成胡瓜」・・・・

馬込半白胡瓜と練馬の枝成胡瓜の交配から作られ、両方のいいとこどりをしたキュウリです。

東京都杉並区の伝統野菜であり、江戸東京野菜のひとつとされます。

しかし、消費者ニーズの変化や、ハウスなどの施設栽培の普及、さらには都市化などにより生産されなくなりました。




「パワーヨガ」・・・・・

ヨガの精神統一の要素より、スポーツ、トレーニングの要素のほうが強いです。

「アシュタンガヨガ」のスピード感と暖かい室内で行う「ホットヨガ」を組み合わせたようなヨガなんだとか。

けっこうハードで脂肪燃焼も期待できるみたいですし、ダイエット志向の人にはもっともあったヨガかもしれないそうです。




5月27日(土) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

イチョウ葉~大長茄子~つぶやく

「イチョウ葉」・・・

イチョウといえば銀杏を思い出す人も多いと思います。

葉については、ドイツではイチョウ葉エキスが医薬品として認定されているみたいですが、日本では状況が違うようです。

銀杏やイチョウの葉にはギンコール酸が含まれるので、安易にとるのはトラブルの原因になるみたいです。





「大長茄子」・・・・・

「おおながなす」の名前通り、とにかく長いナスです。

ナスとは思えないフォルムで、70センチに達するものもあるんだとか。

棒みたいなナスです。

皮がかたいということで、漬物には向かないようですが、焼きナスなどにはおいしいようです。

おそらく日本で一番長くなるナスでしょう。





「糯種」・・・

もちもちとした食感があるのが特徴のトウモロコシです。

ワキシーコーンとも呼ばれています。

あるいは「もちとうもろこし」とも呼ばれるんだとか。

完熟させると粒の表面がツルツルになり、ワックスをかけたような見た目になるそうです。

一味違うトウモロコシのようです。





「相模半白胡瓜」・・・・

黒イボ系の半白きゅうりです。

神奈川県二宮町において、馬込半白きゅうりの系統から改良された品種です。

皮は硬めで馬込半白胡瓜よりも日持ちがよいという特徴があります。

そのため馬込半白から主流の座を奪ったようですが、現在はあまり生産されていません。

白イボ系、強いです。





「アシュタンガヨガ」・・・

大きな動きを連続して行うヨガです。

「太陽礼拝のポーズ」から始まり、82のポーズをわりと速いテンポで続けていきます。

ゆったりとしたヨガと違って、けっこう心拍数が上がるので、運動した感じがありそうです。

あまり聞きなれないかもしれないですが、特徴のあるヨガなのでした。




5月21日(日) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

アロエ~ばってんなす~つぶやく

「アロエ」・・

ツルボラン亜科アロエ属の多肉植物の総称なんだとか。

500種以上があるそうです。

日本でおなじみなのはキダチアロエで、昔から「医者いらず」と重宝されてきました。

葉が肉厚なのが特徴の一つですね。

薬用としての栽培は、なんと古代オリエント・古代ギリシア・古代ローマにもさかのぼることができるみたいです。





「ばってんなす」・・

九州は熊本の、JA熊本うきのナスです。

オリジナルブランドとして出しています。

特徴としてはアクが少なく、糖度も高いため、生でもおいしいということです。

サラダにそのまま入れたり、あるいは、味噌をつけて食べたりしてもいけるそうです。

小ぶりで、煮物などの料理にもいいみたいですし、いいとこだらけのナスですね。






「硬粒種」・・・

硬い澱粉層が穀粒の全体に広がり、粒の冠部にくぼみがないトウモロコシです。

フリントコーンとも呼ばれます。

食用・家畜用飼料・工業用原料に使用されます。

害虫抵抗性があるそうです。

栽培しやすいのは生産者にとっては大きなメリットですね。

爆裂種も、もともとはこの硬粒種から生まれたそうです。




「馬込半白胡瓜」・・・・

名前の通り半分白い、ツートンカラーのキュウリです。

見慣れない見た目から、知らない人が見たら、ダメになったきゅうりと勘違いしそうです。

東京都大田区の伝統野菜のひとつです。

青胡瓜に比べて柔らかく、ぬか漬けとして最適なんだそうですが、傷みやすく流通にはむかないようです。




「ビクラムヨガ」・・・

ビクラムヨガはアメリカが発祥なんだとか。

40度前後に温められた室内で体の柔軟性を良くしながら行うヨガです。

日本ではホットヨガと呼ばれているものと同じなのかも。

26種類といわれているポーズを温かい室内で続けてやっていきます。

汗を大量にかくことから、ダイエットとしても注目されるのでした。




5月15日(月) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

プロポリス~博多なす~つぶやく

「プロポリス」・・・・・

蜂ヤニとも呼ばれる樹脂製混合物です。

ミツバチが木の芽や樹液などの植物から集めたものです。

ミツバチは巣のすきまを埋めたり、構造の補強としたりしています。

植物由来のため、その由来にした植物におうじて見た目も様々です。

ちなみに人間にとっては「グリーン・プロポリス」が最上級品とされています。






「博多なす」・・・

博多なす選果基準を通過した、福島県産ブランドなすです。

長なすの筑陽という品種で、露地栽培やハウス栽培などで通年で栽培され、全国に出荷されています。

「博多なす忍」というPRキャラクターがいますが、実は皮に含まれるナスニンも掛けているのかも。

すらっとした長い形のナスで、あくが少なく、どんな料理にも合うようです。





「馬歯種」・・・・・

主として家畜用飼料とか、デンプン(コーンスターチ)の原料として使用されるトウモロコシです。

そのため食用としては出回りません。

近年バイオエタノール生産原料としても利用されているそうです。

トウモロコシが環境問題の改善にも関係してきているみたいですね。




「勘次郎胡瓜」・・・・・

きゅうりかどうか迷いそうな姿です。

色が薄く、黒イボ系とされていますが、一般の黒イボ系の特徴ではないです。

山形県真室川町の真室川の伝承野菜のひとつになっています。

果肉が柔らかく、フルーツ感覚で食べられるみたい。

生で食べるか、浅漬けなどにもいいみたいです。




「ヨガと若返り」・・・

実際に若くなるわけではないですが、若く見えるようにはなるのかも。

たとえば、免疫機能が向上することでより健康的でいることができます。

また新陳代謝が促され、老廃物が外に出されるようになればお肌のコンディションもよくなってくるみたいです。

肌つやがよければ、当然若く見えます。

ヨガでどこまで若返ることができるのかな。




5月9日(火) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

プエラリアミリフィカ~奥三河天狗茄子~つぶやく

「プエラリアミリフィカ」・・・

更年期障害とか、美肌とかに期待されているんだとか。

サプリメントなどで時々目にするプエラリアです。

もともとはタイ北部やミャンマーの山岳地帯などに自生する植物だそうです。

女性ホルモンに似た作用を持つ植物性エストロゲン・イソフラボンが注目されました。






「奥三河天狗茄子」・・

愛知県伝統野菜の一つされる、奥三河で昔から栽培されているナスです。

産地の旧津具村は、天狗伝説が伝わる土地。

さらに、ときに奇形ナスが、まるで天狗の鼻のような突起を伴うことからこんな名前になったようです。

大型のナスで、焼きナスや天ぷらなどがおいしいそうです。






「爆裂種」・・・

トウモロコシの中でも爆裂種と呼ばれる種類があります。

なんだか物騒な名前ですが、ポップコーン用ときくとなるほどなのでした。

皮が固いのが特徴なんだそうです。

粒を熱したときに中の水分が膨張して爆裂したのがポップコーンなんだとか。

昔の人はよく考えだしましたね。





「四川胡瓜」・・

漬物には評判のいいんだそうです。

こだわりの漬物屋さんでは、このきゅうりじゃないとダメというところもあるんだとか。

皮が薄くイボが多いので、流通には向かないようです。

そのため、スーパーなどで目にすることは少ないのかも。

家庭菜園で自分で育てれば新鮮に食べられますし、いいのかも。




「ヨガとデドックス」・・・

体に貯まっている悪いもの、不要なものを出すというデトックス。

ヨガをデトックスという視点から見てみても面白いみたい。

ヨガによって新陳代謝が上がることだけでなく、いろいろなポーズで内臓や体に刺激を与えることもいいみたいです。

デトックス目的でヨガというわけではないけど、効果はあるみたいです。



知っているといつか得かもしれない情報と話題。ずっと続いていくとあきらめていた返済が、専門家がやってくれた手続だけで簡単に解決してしまったという話は多いです。いわゆる過払い金問題などと話題になったことです。貸金業法改正の恩恵を活用して、しんどい借金を一気に解決した人がいます。女性も安心して相談・松本市の債務整理。あまりにも多くの人が借金を帳消しにしたために、貸金業者がどんどん経営を悪化させたことも有名です。とにかく専門家に聞くことが欠かせないです。(長野県松本市)



5月3日(水) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

ブルーベリー~蔓細千成なす ~つぶやく

「ブルーベリー」・・・・

ブルーベリーといえば目にいい果実というイメージがあると思います。

一緒に連想されるのがアントシアニン。

青紫色の小さな果実です。

生食もできますが、ジャムなどの加工品としてよく目にします。

またサプリメントや健康食品にも用いられるなど、生活に浸透しています。






「蔓細千成なす 」・・・・

江戸時代、旧寺島村で栽培された寺島ナスの別名のようです。

「つるぼそせんなり」というのは一般のナスより茎が細いこと、多量の身がなることを示した名前です。

江戸東京野菜ということで、市場でななかなか見ることのできない品種のようです。

小さくて手のひらサイズのナスなんだそうです。






「ホワイトショコラ」・・・・・

美しい白い粒が並ぶ、スイートコーンです。

果皮がやわらかく、すごく甘みの強いトウモロコシです。

メロンにも負けない甘さなんだとか。

生でも食べられるということもあり、またその白い見た目も含めて常識破りですね。

もちろん、ゆでて食べても焼いて食べてもおいしいそうです。






「四葉胡瓜」・・・・・

漬物に向いているといわれる大きい白イボ系のキュウリです。

皮が薄く歯切れがよいという特徴がありますが、日持ちしにくいため市場にはあまりでないみたいです。

形も比較的不揃いです。

中国華北系の品種で、実がなるタイミングが本葉が四枚付いた頃からというのが名前の由来のようです。






「ヨガの起源」・・・

ヨガの歴史はインダス文明までさかのぼるんだとか。

すごい歴史的ですね。

精神統一や瞑想というのが、当時から必要とされていたのでしょうね。

そして、ヨガは今日まで続き、さらには世界にまで広がってきたことを考えると、なんだか興味深い話です。

ヨガの起源に思いをはせて、ヨガをするのも面白いかな。




4月27日(木) | 健康と美容のおしゃべり | 管理


(1/52ページ)
>1< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 最後 

FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック