歯は大事、歯を大切に
 
歯と歯のケア関して思いつくまま、気ままにひとりごと
 


新しい順に表示

イチョウ葉~大長茄子~つぶやく

「イチョウ葉」・・・

イチョウといえば銀杏を思い出す人も多いと思います。

葉については、ドイツではイチョウ葉エキスが医薬品として認定されているみたいですが、日本では状況が違うようです。

銀杏やイチョウの葉にはギンコール酸が含まれるので、安易にとるのはトラブルの原因になるみたいです。





「大長茄子」・・・・・

「おおながなす」の名前通り、とにかく長いナスです。

ナスとは思えないフォルムで、70センチに達するものもあるんだとか。

棒みたいなナスです。

皮がかたいということで、漬物には向かないようですが、焼きナスなどにはおいしいようです。

おそらく日本で一番長くなるナスでしょう。





「糯種」・・・

もちもちとした食感があるのが特徴のトウモロコシです。

ワキシーコーンとも呼ばれています。

あるいは「もちとうもろこし」とも呼ばれるんだとか。

完熟させると粒の表面がツルツルになり、ワックスをかけたような見た目になるそうです。

一味違うトウモロコシのようです。





「相模半白胡瓜」・・・・

黒イボ系の半白きゅうりです。

神奈川県二宮町において、馬込半白きゅうりの系統から改良された品種です。

皮は硬めで馬込半白胡瓜よりも日持ちがよいという特徴があります。

そのため馬込半白から主流の座を奪ったようですが、現在はあまり生産されていません。

白イボ系、強いです。





「アシュタンガヨガ」・・・

大きな動きを連続して行うヨガです。

「太陽礼拝のポーズ」から始まり、82のポーズをわりと速いテンポで続けていきます。

ゆったりとしたヨガと違って、けっこう心拍数が上がるので、運動した感じがありそうです。

あまり聞きなれないかもしれないですが、特徴のあるヨガなのでした。




5月21日(日) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

アロエ~ばってんなす~つぶやく

「アロエ」・・

ツルボラン亜科アロエ属の多肉植物の総称なんだとか。

500種以上があるそうです。

日本でおなじみなのはキダチアロエで、昔から「医者いらず」と重宝されてきました。

葉が肉厚なのが特徴の一つですね。

薬用としての栽培は、なんと古代オリエント・古代ギリシア・古代ローマにもさかのぼることができるみたいです。





「ばってんなす」・・

九州は熊本の、JA熊本うきのナスです。

オリジナルブランドとして出しています。

特徴としてはアクが少なく、糖度も高いため、生でもおいしいということです。

サラダにそのまま入れたり、あるいは、味噌をつけて食べたりしてもいけるそうです。

小ぶりで、煮物などの料理にもいいみたいですし、いいとこだらけのナスですね。






「硬粒種」・・・

硬い澱粉層が穀粒の全体に広がり、粒の冠部にくぼみがないトウモロコシです。

フリントコーンとも呼ばれます。

食用・家畜用飼料・工業用原料に使用されます。

害虫抵抗性があるそうです。

栽培しやすいのは生産者にとっては大きなメリットですね。

爆裂種も、もともとはこの硬粒種から生まれたそうです。




「馬込半白胡瓜」・・・・

名前の通り半分白い、ツートンカラーのキュウリです。

見慣れない見た目から、知らない人が見たら、ダメになったきゅうりと勘違いしそうです。

東京都大田区の伝統野菜のひとつです。

青胡瓜に比べて柔らかく、ぬか漬けとして最適なんだそうですが、傷みやすく流通にはむかないようです。




「ビクラムヨガ」・・・

ビクラムヨガはアメリカが発祥なんだとか。

40度前後に温められた室内で体の柔軟性を良くしながら行うヨガです。

日本ではホットヨガと呼ばれているものと同じなのかも。

26種類といわれているポーズを温かい室内で続けてやっていきます。

汗を大量にかくことから、ダイエットとしても注目されるのでした。




5月15日(月) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

プロポリス~博多なす~つぶやく

「プロポリス」・・・・・

蜂ヤニとも呼ばれる樹脂製混合物です。

ミツバチが木の芽や樹液などの植物から集めたものです。

ミツバチは巣のすきまを埋めたり、構造の補強としたりしています。

植物由来のため、その由来にした植物におうじて見た目も様々です。

ちなみに人間にとっては「グリーン・プロポリス」が最上級品とされています。






「博多なす」・・・

博多なす選果基準を通過した、福島県産ブランドなすです。

長なすの筑陽という品種で、露地栽培やハウス栽培などで通年で栽培され、全国に出荷されています。

「博多なす忍」というPRキャラクターがいますが、実は皮に含まれるナスニンも掛けているのかも。

すらっとした長い形のナスで、あくが少なく、どんな料理にも合うようです。





「馬歯種」・・・・・

主として家畜用飼料とか、デンプン(コーンスターチ)の原料として使用されるトウモロコシです。

そのため食用としては出回りません。

近年バイオエタノール生産原料としても利用されているそうです。

トウモロコシが環境問題の改善にも関係してきているみたいですね。




「勘次郎胡瓜」・・・・・

きゅうりかどうか迷いそうな姿です。

色が薄く、黒イボ系とされていますが、一般の黒イボ系の特徴ではないです。

山形県真室川町の真室川の伝承野菜のひとつになっています。

果肉が柔らかく、フルーツ感覚で食べられるみたい。

生で食べるか、浅漬けなどにもいいみたいです。




「ヨガと若返り」・・・

実際に若くなるわけではないですが、若く見えるようにはなるのかも。

たとえば、免疫機能が向上することでより健康的でいることができます。

また新陳代謝が促され、老廃物が外に出されるようになればお肌のコンディションもよくなってくるみたいです。

肌つやがよければ、当然若く見えます。

ヨガでどこまで若返ることができるのかな。




5月9日(火) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

プエラリアミリフィカ~奥三河天狗茄子~つぶやく

「プエラリアミリフィカ」・・・

更年期障害とか、美肌とかに期待されているんだとか。

サプリメントなどで時々目にするプエラリアです。

もともとはタイ北部やミャンマーの山岳地帯などに自生する植物だそうです。

女性ホルモンに似た作用を持つ植物性エストロゲン・イソフラボンが注目されました。






「奥三河天狗茄子」・・

愛知県伝統野菜の一つされる、奥三河で昔から栽培されているナスです。

産地の旧津具村は、天狗伝説が伝わる土地。

さらに、ときに奇形ナスが、まるで天狗の鼻のような突起を伴うことからこんな名前になったようです。

大型のナスで、焼きナスや天ぷらなどがおいしいそうです。






「爆裂種」・・・

トウモロコシの中でも爆裂種と呼ばれる種類があります。

なんだか物騒な名前ですが、ポップコーン用ときくとなるほどなのでした。

皮が固いのが特徴なんだそうです。

粒を熱したときに中の水分が膨張して爆裂したのがポップコーンなんだとか。

昔の人はよく考えだしましたね。





「四川胡瓜」・・

漬物には評判のいいんだそうです。

こだわりの漬物屋さんでは、このきゅうりじゃないとダメというところもあるんだとか。

皮が薄くイボが多いので、流通には向かないようです。

そのため、スーパーなどで目にすることは少ないのかも。

家庭菜園で自分で育てれば新鮮に食べられますし、いいのかも。




「ヨガとデドックス」・・・

体に貯まっている悪いもの、不要なものを出すというデトックス。

ヨガをデトックスという視点から見てみても面白いみたい。

ヨガによって新陳代謝が上がることだけでなく、いろいろなポーズで内臓や体に刺激を与えることもいいみたいです。

デトックス目的でヨガというわけではないけど、効果はあるみたいです。



知っているといつか得かもしれない情報と話題。ずっと続いていくとあきらめていた返済が、専門家がやってくれた手続だけで簡単に解決してしまったという話は多いです。いわゆる過払い金問題などと話題になったことです。貸金業法改正の恩恵を活用して、しんどい借金を一気に解決した人がいます。女性も安心して相談・松本市の債務整理。あまりにも多くの人が借金を帳消しにしたために、貸金業者がどんどん経営を悪化させたことも有名です。とにかく専門家に聞くことが欠かせないです。(長野県松本市)



5月3日(水) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

ブルーベリー~蔓細千成なす ~つぶやく

「ブルーベリー」・・・・

ブルーベリーといえば目にいい果実というイメージがあると思います。

一緒に連想されるのがアントシアニン。

青紫色の小さな果実です。

生食もできますが、ジャムなどの加工品としてよく目にします。

またサプリメントや健康食品にも用いられるなど、生活に浸透しています。






「蔓細千成なす 」・・・・

江戸時代、旧寺島村で栽培された寺島ナスの別名のようです。

「つるぼそせんなり」というのは一般のナスより茎が細いこと、多量の身がなることを示した名前です。

江戸東京野菜ということで、市場でななかなか見ることのできない品種のようです。

小さくて手のひらサイズのナスなんだそうです。






「ホワイトショコラ」・・・・・

美しい白い粒が並ぶ、スイートコーンです。

果皮がやわらかく、すごく甘みの強いトウモロコシです。

メロンにも負けない甘さなんだとか。

生でも食べられるということもあり、またその白い見た目も含めて常識破りですね。

もちろん、ゆでて食べても焼いて食べてもおいしいそうです。






「四葉胡瓜」・・・・・

漬物に向いているといわれる大きい白イボ系のキュウリです。

皮が薄く歯切れがよいという特徴がありますが、日持ちしにくいため市場にはあまりでないみたいです。

形も比較的不揃いです。

中国華北系の品種で、実がなるタイミングが本葉が四枚付いた頃からというのが名前の由来のようです。






「ヨガの起源」・・・

ヨガの歴史はインダス文明までさかのぼるんだとか。

すごい歴史的ですね。

精神統一や瞑想というのが、当時から必要とされていたのでしょうね。

そして、ヨガは今日まで続き、さらには世界にまで広がってきたことを考えると、なんだか興味深い話です。

ヨガの起源に思いをはせて、ヨガをするのも面白いかな。




4月27日(木) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

ブラックコホシュ~真黒なす~つぶやく

「ブラックコホシュ」・・・・

古くからのハーブの一種です。

北アメリカを原産地とする植物です。

サプリメントによく使われているようです。

月経前症候群や更年期障害など女性に見られる症状にいいみたいです。

ネイティブアメリカンの間でも古くから使われていたんだとか。

ということは歴史もあるみたいですね。





「真黒なす」・・・・

「まっくろ」ではなく「しんくろ」と読み、茄子っぽくない響きがおもしろいです。

形は長卵形で、色は濃い紫の小型のナスです。

埼玉県草加地方が原産のようですが、そこに限らず全国に広がったみたいです。

もはや伝統野菜に区分されたりもするみたいです。

油を使った料理によく合うそうです。






「雪の妖精」・・

フルーツのように甘い、白い粒のトウモロコシです。

ピュアホワイトの進化型といわれています。

とにかく糖度が高く、生でも食べられるスイートコーンです。

見た目の白というのも興味をそそります。

あまり目にする機会も少なく、希少価値が高いのも特徴の一つです。





「黒イボ系きゅうり」・・・・

キュウリの表面にはイボのような小さな突起があります。

新鮮だとトゲのように痛いんですよね。

そのイボが黒っぽく見えるのが黒イボ系のきゅうりです。

きゅうり全体の色が薄いため、イボが黒っぽく見えるのでした。

白イボ系のキュウリに押されて、少数派となっています。




「自宅でホットヨガ」・・・・

ホットヨガを行うにはスタジオに通うのが普通だと思います。

でも工夫すれば、自宅でもホットヨガに挑戦できるかもしれないです。

ホットヨガの環境である、気温38度、湿度60%をどのように準備するかですね。

夏場は暑い日なら、自然にそのくらいななることもありますが、定期的に作るには、ヒーターなどの設備を要します。




4月20日(木) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

フコイダン~十全なす~つぶやく

「フコイダン」・・・・

褐藻類の特に「ぬめり」部分に含まれる細胞間粘質多糖のことです。

免疫によいとか、がんによいとか、言われた時もあったようですが、有効性・安全性の確たるものはないようです。

研究はあちこちで進められているようなので、いずれ証明されるのでしょうか。

健康食品として注目された時もありました。






「十全なす」・・・・

にいがた十全なすは、新潟県内で生産されるナスです。

巾着型で皮が薄く濃紺です。

やわらかくほのかな甘さが特徴とのことで、浅漬けに評判がいいようです。

6月中旬から9月下旬にかけて出荷されます。

この茄子の由来には諸説あり、旧十全村が由来となったとするのはその中の一つなんだとか。






「ピュアホワイト」・・・・

糖度が非常に高く、名前のとおり白い粒が特徴のトウモロコシです。

果物よりも甘いともいわれ、生食も可能です。

生産が難しいためかなりレアで「幻のトウモロコシ」といわれていたんだとか。

主に生産地は北海道のようです。

雪印種苗で開発された品種なんだそうです。





「白イボ系きゅうり」・・・

キュウリの緑色が濃く、表面のイボが白っぽいキュウリの事です。

生で食べるとおいしいこともあり、人気があります。

また生産も通年で生産できるようになり、キュウリの周流になっているんだとか。

イボの色にあまり注意することが無かった人も、気になりだしそうです。





「ホットヨガと冷え」・・・

女性の冷え症はよく言われていますが、夏場でもクーラーがきいていて冷え性にはつらいです。

冷え性は血行の悪さが原因とされていますので、ホットヨガはそのような人にもよさそうです。

温めて体を動かし、血流もよくします。

さらにダイエット効果を考えると女性には強い味方ですね。




4月14日(金) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

フィロキノン~やきなす~つぶやく

「フィロキノン」・・・・

植物や多種多様な藻類などにより合成される物質です。

ビタミンK1ともいわれるそうです。

その特徴にナフトキノン骨格を持つことがあるんだとか。

酸素発生型光合成を行う生物のみが合成できるものだそうです。

つまりそのほかの生物は摂食でしか摂れないということですね。






「やきなす」・・・

名前の通り、焼くとおいしいナスなんだとか。

新潟県では最大級のナスとして知られているそうです。

6月上旬から8月上旬にかけて新潟市北区豊栄地区から出荷されます。

実は新潟県はナスの栽培も多く、多様な茄子が栽培されているんだとか。

調べてみると、面白いナスがまだまだ見つかるのかも。





「甘味白色粒種」・・・

実が白色で甘味が強いトウモロコシの種類のことをまとめていいます。

トウモロコシといえば黄色イメージですが、白い実のトウモロコシって見た目から楽しめそうですね。

しかも甘みが強いということは、食べておいしいということですね。

自分で楽しむだけでなく、プレゼントなどにも特に喜ばれそうですね。





「キュウリ」・・・

生でも漬物でもおいしく食べられるキュウリです。

食感がいいので、サラダなどでも定番として使われます。

海苔巻きになると、かっぱ巻きと呼ばれます。

酢の物にしてもおいしいです。

新鮮なキュウリはとげがあるので、触ると痛いときがあります。

栄養的にはほとんどが水分なんだそうです。






「ホットヨガと湿度」・・・・

ホットヨガは、38度湿度60%で行うヨガ。

この60%というのが絶妙みたいです。

乾燥しないで、しかも汗がある程度蒸発することもできるという湿度です。

これ以上湿度が高いと、不快感が大きくなるみたいです。

38度って結構熱いですから、湿度の影響はかなり大きく感じられるみたいです。




4月8日(土) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

ビルベリー~ていざなす~つぶやく

「ビルベリー」・・・・

ビルベリー類は育てるのが難しいそうで、野生の植物から採取されるんだとか。

ブルーベリーの一種ですが、このあたりは違いますね。

それと果実がブルーベリーより小さいです。

生で食べるか、ジャム、フール、ジュース、パイなどになります。

目にいいというイメージがあるけど、真相はどうなのでしょう。





「ていざなす」・・・・

「信州の伝統野菜」に挙げられる大型茄子です。

長野県下伊那郡天龍村南部の神原地区で栽培が始まりました。

はじめた人の名前から「田井沢なす」だったのが、なまって「ていざなす」になりました。

重さ1キロになることもある茄子で、果肉は柔らかく、甘みが強い調理に向いた茄子です。






「甘々娘」・・・・

「かんかんむすめ」と読むスイートコーンです。

名前の通り糖度の高さが特徴です。

さらに黄粒と白粒が並ぶバイカラーコーンでもあります。

粒皮が薄く、生でも食べられるトウモロコシとして有名みたいです。

栽培に難しさがあるようで、「幻のとうもろこし」という言われ方もするようです。






「ズッキーニ」・・

時々耳にする野菜だと思いますが、日本料理では目にする機会はないですね。

フランス料理やイタリア料理の具材として用いられる野菜です。

南米でも普通に使われる食材なんだとか。

見た目はキュウリに似た感じなのですが、どちらかというとカボチャに近いそうです。




「ホットヨガ」・・・・・

ホットヨガとは室温を上げて温めた部屋でヨガを行うものです。

温度だけではなく湿度も大事なんだとか。

温度は38度くらいで、湿度は60%くらいなんだとか。

体温より高いので、まさにホットですね。

通常のヨガ以上に、温かさで体が柔らかく動きやすくなるんだそうです。

新陳代謝も進みやすいのかな。




4月3日(月) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

ピリドキシン~鳥飼茄子~つぶやく

「ピリドキシン」・・・・

ピリドキサールやピリドキサミンとともに、ビタミンB6とされる化合物です。

赤血球生産を促進するなど重要な役割を担う栄養素です。

不足すると皮膚炎、口唇炎、貧血、脂肪肝などの原因になることもあるみたいです。

通常の食事で必要量を摂取するのは難しくないみたいです。





「鳥飼茄子」・・・・

旧鳥飼村で広く栽培されていた鳥飼茄子は、摂津市の特産として知られます。

江戸自体にはすでに特産品として定着していたそうで、伝統ある野菜です。

ところが戦時中は労働不足などもあり一時栽培が途絶えたこともあったそうです。

なにわの伝統野菜の一つに加えられ、大阪府でもPRしているようです。





「カクテルコーン」・・・・

白い粒と黄色い粒が混ざり合う見た目からの名前のようです。

バイカラーコーンのスイートコーンです。

粒皮がやわらかく、糖度が高いという特徴もあり、おいしいトウモロコシです。

派生品種もあり、たとえば早生種のカクテルE51や、中早生種のカクテル600などもあります。




「カボチャ」・・

カボチャの生産はやはり北海道が多いそうです。

緑黄色野菜と知られる一方で、甘みの強いものはパンプキンパイなどお菓子作りにも使われます。

一方で、土手カボチャなど意外なところで見かけることも。

カボチャってすごっくかたいので、調理にも注意が必要なのでした。






「ヨガの瞑想」・・・・

ヨガでは瞑想を取り入れています。

イライラやストレス解消にこの瞑想が効果を発揮することも多いです。

ストレスからくる食べ過ぎというのもありますので、メンタルケアで太るリスクを減らすことにつながるのかな。

新陳代謝だけでなく、メンタルからもダイエットに影響力があるみたいです。




3月27日(月) | 健康と美容のおしゃべり | 管理


(1/52ページ)
>1< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 最後 

家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪ | 禁断のケーキ | FX自動売買