歯は大事、歯を大切に
 
歯と歯のケア関して思いつくまま、気ままにひとりごと
 


新しい順に表示

クランベリー~ルビーノ~つぶやく

「クランベリー」・・・・

ツルコケモモ、ヒメツルコケモモ、オオミノツルコケモモ、アクシバなどがあります。

果実は非常に酸味が強く、生食には向かないです。

水中で木を揺すると果実が外れて水面に浮かび、大型機械で掬い取って収穫するんだとか。

菓子やジャム、ペミカン、クランベリージュースの原料に使われます。






「ルビーノ」・・・・・

大きさは中玉トマトですが、卵型でスリムな形をしていて丸いトマトに比べると小さく見えるかも。

サントリーの品種ということで、「サントリー本気野菜」ブランドに数えられます。

房にきれいに2列になってなるところも特徴の一つとなっています。

一つ一つではなく、房ごとで見たいトマトです。





「ダイズ」・・・

日本人にはもっともなじんだマメです。

醤油も味噌も大豆が原料ですし、納豆や豆腐もそうですね。

とにかく昔から日本の食生活に浸透しています。

しかもその栄養価がほかに類をみないということで、畑の肉などとも呼ばれます。

若いうちに収穫して塩ゆでした枝豆もうまいですね。






「ハニーバンタム」・・・・

アメリカからきたスイートコーンです。

甘くておいしいということで昭和60年の登場以来人気を保ってきたようです。

ハニーバンタムのもう一つの特徴はバイカラーコーンであること。

白い実が黄色の中にところどころまぎれているのでした。

目でも味でも楽しめるトウモロコシです。





「プロビタミンA」・・・

動物体内でビタミンAに変換されることができる物質の総称です。

β-カロテンをよく聞きますが、γ-カロテン、β-クリプトキサンチンなどもです。

ビタミンAは過剰摂取により問題がありますが、プロビタミンA化合物の場合はその心配がないんだとか。

体内でビタミンAが過剰になることを調整するからのようです。

何かと便利なプロビタミンAですね。




10月25日(水) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

クエン酸~ホワイトカラント~つぶやく

「クエン酸」・・・

疲労回復ということでもてはやされ、一気に有名になったイメージがあります。

もともとは柑橘系などに含まれている有機化合物のことです。

梅干しにもたっぷり含まれているそうです。

いろんなサプリメントにも含まれてますし、食品添加物としていろんな食品に入っているのでした。






「ホワイトカラント」・・・・・

小さいマイクロトマトで、熟すと黄色くなります。

実が黄色なのにホワイトという名前なのは不思議ですが。

非常に透明感のある皮のようで、中が透けるほどなんだとか。

トマトっぽくないその姿は、へたを外すとトマトと気づかないかも。

見た目も可愛いので、生のままサラダや料理のトッピングに使えます。






「ソラマメ」・・・・

塩ゆでするか、さやごと焼いて、中のマメをそのまま食べます。

揚げて塩をふったものはいかり豆と呼ばれます。

古くから世界各地で栽培され、食用にされている植物です。

中華人民共和国河北省張家口で栽培されているのは最高級品だそうです。

どれだけおいしいんでしょうね。






「甘味バイカラー粒種」・・

実が黄色いというのがトウモロコシの常識です。

ところが、白や黄色系などの色の実が混ざった品種のことです。

見た目の違いに新鮮な気持ちで楽しめると思います。

見た目だけじゃなく甘くておいしいものもあります。

たとえばピーターコーンやハニーバンタム、甘々娘などもあります。





「ビタミンA」・・・

血液中のビタミンAはほとんどがレチノールなんだとか。

そのためかビタミンA作用をする量としてレチノール当量(μg)であらわされることもあります。

資料の意味を知るうえで、レチノールという言葉も知っておくことが大事ですね。

またβ-カロテンは体内でビタミンAに変化するもので、関係が深いです。




10月17日(火) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

クェルセチン~チャドウィックチェリー~つぶやく

「クェルセチン」・・・

フラボノイドの一種とされています。

ラテン語で「オークの森」を意味する言葉が名前の由来になっているそうです。

抗酸化作用、抗炎症作用、抗動脈硬化作用のほかにも数々の作用があるそうです。

クェルセチンを配合した健康食品も存在するそうです。

ケッパー、リンゴ、タマネギ、お茶などにも含まれているようです。





「チャドウィックチェリー」・・・・

なんだか長い名前のトマトですね。

このチャドウィックチェリートマトは、濃い赤で、2センチちょっとの大きさのミニトマトです。

生食だけではなく、加熱してもジャムにしてもおいしいそうです。

となると、いろいろ試したくなるかも。

栽培も難しくないようですし、家庭菜園でも楽しめるかな。





「シカクマメ」・・・・

日本では多少広まったようですが、あまり知られていないかもしれないです。

沖縄では、「うりずん豆」「シカクマーミ」などと呼ばれるそうです。

炒め物や揚げ物にして食べるそうです。

ビルマやインド、インドネシア、パプアニューギニアなどで栽培されているようです。





「ピクニックコーン」・・・・

ピクニックってなんだか楽しそうなネーミングですね。

スイートコーンの一つで、他とは違った特徴がPRされています。

それは冷めても甘いというか、冷ましたほうが甘いという特徴。

新鮮なほど甘いという考えを覆すような特徴です。

さらに食べきりには嬉しい小さなサイズのトウモロコシです。






「ピーマンのトマトソース煮込み」・・・

ピーマンに米や肉をたっぷりつめて、トマトソースで煮込むレシピは、ハンガリーの家庭料理なんだとか。

不飽和脂肪酸を多く含む鶏肉を使えば、コレステロールを減らすのに一役買ってくれそうです。

ピーマンのカロテンとか、トマトのリコピンとか、話題の栄養もセットで摂れますね。




10月10日(火) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

ギムネマ~レモントマト~つぶやく

「ギムネマ」・・・・

ホウライアオカズラのギムネマ酸によるものとされる現象があります。

それはこの植物の葉を噛み続けると甘味を感じなくなるというもの。

ホウライアオカズラはインドの南部や中央部やスリランカの熱帯林を原産とするハーブです。

ハーブとしての効果は解明されていないようです。





「レモントマト」・・・

ちょっと長めでお尻がとがった感じになっているトマトです。

いろも黄色ですし、レモンという名前がついているのは、その見た目で納得できるでしょう。

皮や果肉がしっかりしているそうで、煮物にも向いているんだとか。

酸味のない甘い味のちょっと見た目がトマトっぽくないトマトです。






「ササゲ」・・・・

ササゲも日本でもおなじみの食材ですが、アフリカ原産なんだそうです。

ササゲの子実は、カメムシ類によって食害されるんだとか。

でも、蜜がアリを呼び、その中で大型のクロヤマアリが近くにいるカメムシを追い払うんだとか。

ササゲにとってアリは味方のようです。

しらないと間違いそうですね。






「ミエルコーン」・・・

スイートコーンのひとつで、粒の皮が薄く、糖度の高い品種です。

生でも食べられるトウモロコシです。

名前にある「ミエル」とは「はちみつのような甘さ」という意味のフランス語からきているそうです。

それだけの甘さを象徴しているのでしょうか。

食べてみたくなるトウモロコシですね。




「焼きなすパスタ」・・・・

なすの果肉には、フラボノイドやルチンが含まれているそうですが、細胞の酸化を防ぐそうです。

フラボノイドといえばココアやチョコレートにも豊富なんだとか。

オレイン酸が豊富なオリーブの実や油と一緒に食べると血中コレステロール低下にいいみたいです。

パスタでなら自然に組み合わせられそうです。




10月2日(月) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

ムラサキキャベツ~サンマルツァーノ~つぶやく

「ムラサキキャベツ」・・

キャベツの色が紫色という、違和感たっぷりのキャベツです。

見た目の鮮やかさからサラダなどによく用いられるそうです。

鮮やかゆえに、赤キャベツという場合もあるそうで、見た目のインパクトの強さを示しています。

キャンディーとかゼリーとかで着色料としても用いられるようです。





「サンマルツァーノ」・・・・

ケチャップ、ピューレなどに加工されることも多いようです。

生でも食べられますが、加熱したほうがおいしいとのこと。

煮崩れもしにくい、果肉がしっかりして肉厚なトマトなんだとか。

形が円筒形で、丸いトマトを見慣れた人には不思議な感じもあり、記憶に残ります。





「枝豆」・・・・・

未成熟で青いうちの大豆を収穫ものです。

つまり、収穫のタイミングの問題で、もともと大豆ということです。

塩ゆでした枝豆はビールやお酒のおともとして定番です。

良質たんぱく質ということで、味だけではなく、栄養面でも最高のつまみになるのでした。

つぶしてあんじょうにしたものを「ずんだ」といいます。




「ゴールドラッシュ」・・・

全然トウモロコシっぽくない名前に、どうなのかなと思ってしまいそうです。

でも粒皮がやわらかく生でも食べられる美味しいトウモロコシなんだそうです。

ゴールドラッシュは見た目のきれいさを示したものなんだとか。

黄色く輝くぎっしり並んだ粒が食欲をかきたてるみたいです。




「オクラでガンボ」・・・・

シチューやスープっぽくしたものに、ご飯を添えて食べるガンボ。

オクラを主役にして、ダイエットを狙う料理もあるみたい。

オクラのたっぷりのネバネバ成分は、血圧や血糖値を安定させるなど生活習慣病予防にいいという話はよく聞きます。

エビやトマト、ニンニク、たまねぎなどをあわせるのがいいみたい。



便利なのかおもしろいのかこんな情報と話題。中古のトヨタ ラクティスの価格。相場調べで時間を費やすより、査定比べがカンタン。ラクティス(トヨタのハッチバック)の価格調べの方法は、ネットがすごく便利にしてくれました。売るときだけでなく買うときもラクティスの中古車の価格は比べてチェック。



9月24日(日) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

サボイキャベツ~ミニトマトのカラー~つぶやく

「サボイキャベツ」・・・・・

フランスの地名であるサボイ地方の名前をつけたキャベツです。

明らかに普通のキャベツと外観が違います。

ヨーロッパでは見慣れた姿だそうですが、日本のキャベツとはかなり違うのでした。

小ぶりで、すごくシワシワなのが特徴です。

食感もかなり繊維質なようです。





「ミニトマトのカラー」・・・

カラーバリエーションをミニトマトで楽しむこともできます。

ミニトマトだけでも様々な色が楽しめます。

珍しい色では黒っぽい色の黒トマトがあります。

完熟前の緑色もバリエーションの一つにできそうです。

黄色いトマトやオレンジ色のトマトもあります。

色だけじゃなく、形も結構楽しめるのでした。






「エンドウ」・・・・

エンドウマメともいいます。

食用の植物で、収穫の時期により、サヤエンドウやグリーンピースとして利用されます。

メンデルの法則の研究でも有名です。

もともとは古代オリエント地方や地中海地方で麦作農耕の発祥とともに栽培化された豆なんだそうです。

歴史も古いんですね。





「サニーショコラ」・・・・・

名前がトウモロコシっぽくないですね。

でも生食も可能な糖度の高いスイートコーン。

栽培が難しいようなので、それほどたくさんはないようですが、一度は食べてみたいトウモロコシの一つでしょう。

粒皮も薄いため「フルーツコーン」ともよばれるそうです。

期待を裏切らないそうですよ。






「たまねぎファルシー」・・・・

たまねぎの鮭ときのこのファルシーというダイエットレシピがあります。

この食べ合わせは、コレステロールを下げて血栓予防に期待できるんだそうです。

玉ねぎをくりぬいて、それを器に、鮭やきのこ、みじん切りの玉ねぎやニンジンなどを詰めて煮込む料理です。

スープまで栄養があるそうで残さず食べるのがいいみたい。




9月17日(日) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

札幌大球~黒トマト~つぶやく

「札幌大球」・・・・

「さっぽろだいきゅう」と読みます。

戦前から、札幌周辺でつくられる巨大なキャベツです。

伝統野菜としても認識されているようです。

通常のキャベツが1キロ程度なのに対して、10キロ以上、最大級では20キロもあるそうです。

生でも茹でても漬け物でもおいしいそうです。





「黒トマト」・・・・・

大きめのミニトマトくらいのサイズで、熟した実が赤黒いトマトです。

けっして時間がたって悪くなったわけではないです。

見た目の珍しさが楽しめるかも。

味のほうは、ゼリー部分が多くジューシーで酸味も甘みもありおいしいそうです。

サラダのちょっとしたアクセントにつかえそうかな。






「インゲンマメ」・・・・

安価で低脂肪、高蛋白の非常に優れた食品といわれます。

若いさやを食べるサヤインゲンと、成熟した種子を食べる場合があります。

成熟した種子は、乾燥させて貯蔵でき、煮豆や甘納豆、菓子用の餡などに用いられるようです。

アミノ酸組成のバランスもいいそうです。






「味来」・・・

1990年代から出回った甘さが特徴のトウモロコシです。

果実に匹敵するほどの甘さを誇るんだとか。

甘さは熱を加えることで増すそうです。

ただし時間が経つと甘さが落ちていくので、収穫からできるだけ早く食べることも大事です。

栽培にはほかの品種より手間がかかるそうです。





「トマト寒天ダイエット」・・

トマト寒天が誕生したのは諏訪地方です。

トマトも寒天も、長野県の特産品だけにこの組み合わせが生れたのでしょうね。

糖尿病などの生活習慣病を防ぐのとか、肥満を改善するのとかに注目されてます。

寒天は食物繊維が豊富で、ノンカロリーといわれています。

トマトもリコピン(抗酸化成分)で注目されてます。




9月11日(月) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

グリーンボール~トマトベリー~つぶやく

「グリーンボール」・・・・

形が丸くて葉もやわらかいキャベツの一種です。

中身が詰まっていて、大きさの割に重さを感じるようです。

葉につやがあり、肉厚の割にやわらかいです。

涼しいところで栽培されますが、冬に旬のキャベツほど寒さには強くないようで、春や秋に収穫されるようです。






「トマトベリー」・・

ベリーといいう名前から想像するように、イチゴに形が似た、ハート形のトマトです。

高糖度のミニトマトで、大きさも3センチくらいの一口サイズですし、形もイチゴっぽいとあって、野菜というよりはフルーツというイメージかも。

トマト嫌いの子供が、トマトに挑戦するときにもいいかも。






「白小豆」・・・

見た目ではちょっとアズキには見えない、白色(黄白色)のアズキです。

でも食べてみると、しっかりアズキの風味なのでした。

主な産地は、備中や、丹波、北海道などだそうです。

栽培が難しく、希少で高価なんだそうです。

白小豆の粒あんなど見た目も楽しめそうです。






「トウモロコシ甘味種」・・

甘味種といわれるトウモロコシは、普通にゆでたり・むしたり・焼いたりして食べられます。

コーンフレークやコーンミールなどの加工食品の材料としても用いられます。

トウモロコシの甘味は時間とともに落ちてしまうそうで、とれたてすぐに熱を加えて食べるのが一番のようです。






「毒出し脂肪燃焼スープ」・・

脂肪燃焼スープを食べることでダイエットを目指すというものです。

野菜で作るスープで、しかもいつでも手に入る6種類の野菜で作るんだとか。

難しくなさそうなところもうれしいですね。

おなかいっぱい食べてもいいとのことですが、スープだけだとなかなか満足とはいかないかもね。




9月3日(日) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

キャベツ~キャロルセブン~つぶやく

「キャベツ」・・・

ビタミンC、ビタミンUを豊富に含むとされ、食卓でもおなじみの野菜です。

千切りにして生で食べることも多いですし、漬物にもよく使われます。

またロールキャベツなど煮物系でも活躍します。

キャベツに含まれる酵素成分を抽出した栄養ドリンクやダイエット食品などもあるんだとか。






「キャロルセブン」・・・・

実が割れにくいそうですが皮は柔らかく、甘くて人気のミニトマトです。

フルーツのような甘さとのことで、トマト嫌いの子供たちの挑戦にもいいかも。

3センチくらいの小さなトマトなので、一口でいけそうです。

ネット通販でも見かけますし、試してみるのも面白いかな。






「中納言」・・・・・

大納言以外の小豆のことを中納言ということがあります。

中納言はこし餡に向いているそうです。

えりも、しゅまり、きたのおとめ、さほろ、などがあります。

えりもの開発で、収穫量が大幅に増加したそうで、国内でも重要な品種のようです。

その名前は襟裳岬が由来なんだとか。




「トウモロコシ」・・・・

ポップコーンや、焼きトウモロコシなど、お祭りやイベントをイメージする人も少なくないかな。

トウモロコシは野菜というイメージが薄いような気がします。

イネ科の一年草であり、ものすごく大きく育ちます。

おいしいトウモロコシはすごく甘味をもっています。

生でもおいしく食べられるものもあるそうです。






「ヨガの側面」・・・・

ダイエットを目的とした場合ヨガをいろんな方向から見ていくと面白いことに気付きます。

ダイエットでも注目されてますが、意外とカロリー消費は小さいのでした。

でもホットヨガのように発汗によるデドックスとかも見落とせないです。

有酸素運動で代謝をアップさせることも重要みたい。

さらに筋肉がムキムキにならないのも喜ばれているんだとか。




8月27日(日) | 健康と美容のおしゃべり | 管理

キャッツクロー~イエローアイコ~つぶやく

「キャッツクロー」・・・

葉の付け根にできるトゲの形が特徴であり、「猫の爪」の由来になっているんだとか。

アマゾン原産の蔓性植物です。

インカ時代から、関節炎やリウマチの治療に使われてきた薬草とされています。

サプリメントとしても注目されました。

日本のカギカズラがに近縁種なんだとか。






「イエローアイコ」・・・・

イエローの名前が示すように、黄色のトマトです。

赤いアイコの黄色い版です。

アイコと同じく長卵型のミニトマトで、肉厚でゼリーが少ない特徴があります。

完熟してから収穫するのにも適しているそうです。

色が違うので、サラダのトッピングにもバリエーションが広がりそうです。






「ほまれ大納言」・・・

北海道の大納言(あずき)です。

新しい品種で、あかね、ほくと、とよみとよく比較されます。

特徴としては、あかねより粒が大きくて、加工適性がよく風味の評価も高いんだとか。

ちなみに2008年に北海道の優良品種として認定されています。

土壌病害にも強いみたいです。






「オクラ」・・

原産地はアフリカ北東部なんだそうです。

日本に入ってきたのは明治初期といいますから、比較的新しい野菜ですね。

粘り気が特徴で、食感の良さが好まれます。

栄養面でもこの粘り気の部分が重要みたいです。

ちなみにもともとは多年草のようですが、寒さに弱く日本では越冬できず一年草になってしまいます。






「ヨガの取り組み方」・・

ヨガを始めるうえで、それほど勢いづかないほうがいいのかも。

もともとゆっくり自分のペースで進めるのに適しています。

体が固いのに、ムリなポーズに挑戦する必要もないようです。

ストレスにならない程度に癒しを求めることがいいのかも。

ストレスが減れば、暴飲暴食やアルコールに頼る必要性も低くなりますからね。



便利なのかおもしろいのかこんな情報と話題。できるだけお金をかけずに納得のリベロを手に入れるために、カギになるのは値引き交渉だけではなくなっています。どんどん車が売れていた昔とは状況が違い、タイミングや駆け引きを最大限考えても、値引きには限界もあります。一方で中古車流通は海外にまで販路拡大するなどの動きもあります。値引き交渉とリベロへの買い替え。今乗っている愛車の価値を最大限引き出すことがすごく大事です。見落とさなければ本当はもっと高いのかもしれないです。



8月21日(月) | 健康と美容のおしゃべり | 管理


(1/54ページ)
>1< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 最後 

FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック